RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
※展示してあった25年前のMTBを頂き1ヶ月ますが知識も経験も道具も無いので苦労しています
■ 傷埋めと傷対策
□ 傷が増えてきた
トップチューブ
MTBにはスタンドが無く、コンビニで飲み物(ペッドボトル)を補充するさいに「ガードパイプ」に止めチェーンでタイヤとフレームと巻き付けますが、停める度に傷が増えていきます。叔父が25年間大事に室内で飾っていたMTBなのに一ヶ月でこんなに傷を付けるなんて酷いです。「フレームパッド 」を買っておくべきでした。
傷が増えてきた

転んだりぶつけたことはありません。駐輪時の壁が原因です。もっと早く対策をするべきでした。
錆びが怖いので先に赤で塗装することに致します。
傷が増えてきた


傷が増えてきたダウンチューブ
こちらは撮影のため三脚をフレームに括り付けた時に付いた傷です。ここにも小さな「フレームパッド 」が必要ですね。無ければゴムを巻こうと思います。

Amazonで欲しい商品が無かった
フレームの傷はMTB乗りに名誉な事らしいですが、叔父から譲って貰った25年前の大切なMTBです。錆びが怖いので車用のキズ補修用塗料を使用し、その上から「フレームパッド 」を巻くことに致します。
駐輪時に接触する場所と、三脚がぶつかる箇所に2個欲しいのですが、Amazonで探したところ余り出回って無いですね。MTBはフレームが格好良く他人に自慢する物なので、隠す人は少ないのでしょうか?当方は撮影の移動手段として使用しますので、耐久性を取ります。

三脚は頑丈な「バックル付ナイロンバンド」で巻こうとしましたが、荷物用が多く2mの物が主流で長すぎます。短い物はマジックテープタイプの「固定バンド」が中心で、耐久性が弱く丁度良い長さがありませんでした。


□ 店舗で探す
趣味の人達が集う良い雰囲気の店趣味の人達が集う良い雰囲気の店
ネットで調べると「フレームパッド 」は店舗オリジナル品が多い様なので、隣市の専門店に行く事に致しました。ここは元々二階建ての卓球場兼カラオケ屋でしたので、中型店舗です。

趣味の集いの場らしく店員も良い人で、商品を開封し長さを測ってくれカタログで商品を探してくれました。常連と思われる若い女性の方やお爺さんが楽しそうに店員と話しており雰囲気の良い店です。

ここも愛用店にしたいと思います。

全て店舗で揃った
フレームパッド 」は「OSTRICH(オーストリッチ) フレームカバー 」の大きさ違いが3種類あり一番短く太いフレーム用の4枚入りを購入。カタログで確認して貰ったところ、黒・灰・青の3色のみでしたので、赤いフレームに合う黒に致しました。

キズ補修用塗料は取り扱ってなかったので、ホームセンターで「タッチアップペン」と言う簡単な車用を購入。色が車種ごとになっており、外からMTBを持ってくる訳にもいきませんので、色を思い出しながら長い間見比べました。購入した物を自宅で見比べると一番近い色でした、車用なので高く648円しました。
傷対策セット
合計2千円。ここの専門店は1ブランドしか取り扱ってないとの事で種類は少ないです。
バックル付固定バンド
Amazonでは見かけなかった短いタイプの「バックル付固定バンド」です。それも欲しかった赤色です。長さを聞いたところ、店員が開封して測ってくれました。50cmと探していた長さです。2本入りで紐の強度もあります。
バックル付固定バンド

歯とロールが付いております。マニュアルがありませんが大体分かります。
3箇所穴がありパズル解きが難しいですね。
バックル付固定バンド

3回折り込むので重い三脚をMTBに取り付けても安心です。
バックル付固定バンド

タッチアップペンタッチアップペン
タッチアップペン」と書かれているので、ペンタイプを想像し購入しましたが、筆の付いた「マニキュアタイプ」でした。” 振って混ぜてからお使い下さい "と記載通り振りましたが、筆の付いたキャップ部分が深くインクがキャップ内に溜まり塗装中に指に垂れ後始末が大変でした。除光液で簡単に落ちます。

インク自体は丁度良い濃さで塗りやすく、穴を埋めるため3度塗り致しました。穴を埋めるだけで良いのですが、インクが垂れてしまい平らに広げると、塗装範囲が広がっていく悪循環に陥りました。色は車用なので若干違いますが、目立たない程度です。

■ 修復後
□ 錆び対策
傷の補修(トップチューブ)

前回、塗装が剥がれた場所を「タッチアップペン」で補修した部分です。夜間室内で行いましたので暗く上手くいきませんでした。写真のアップでは多少目立ちますが、普通に乗車や置く分には目立ちません。マツダの乗用車用なので若干色が違い凹凸が残っていますが、サビ防止が目的で上から「フレームパッド 」を巻きますので問題ありません。「トップチューブ」は駐輪時に出来た傷です。
傷の補修(トップチューブ)

傷の補修(ダウンチューブ)
ダウンチューブ」は三脚の持ち運びで出来た傷です。もっと早く対策を練るべきでした。
傷の補修(ダウンチューブ)
次のページ | MTBに三脚とカメラバックを積めるように改造し撮影の移動に使う