RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
前のページ | TOYOTA S800 フリゲの資料に35年前のプラモを作ってみる1
TOYOTA S800を作る
□ 高難易度で悪戦苦闘する
ガンプラを始めて11ヶ月とプラモ初心者ですが、フジミ模型のプラモデルは難易度が高いですね。「デザインナイフ」で削り塗装必需で「ピンセット」で組み立てています。
フジミ模型のプラモデルはゲートが太くパーツの上に付いているので、「デザインナイフ」で削ぎ落とす必要があります。それだけではなく" バリが酷く ”削る必要もあります。ガンプラは初心者向けというのを痛感しました。


エンジンルーム用の塗料を購入
色分けされてないので塗料を追加しました。ヨドバシAkibaに買いに行き、帰りに100円ショップでスポイトも追加。
エンジンルーム用の塗料を購入

1番終了
デザインナイフ」で削り下地はカラースプレー、部分塗装は筆塗りしてからセメダインと「ピンセット」を使い組み立てています。取扱説明書の1番が終わるのに1週間掛かりました。
1番終了

塗料追加
シルバーは筆塗りしていましたが、面倒でしたのでスプレー缶を注文致しました。
赤はエンジンルーム用です。
塗料追加

先にパーツをシルバーで塗装
取扱説明書の3個先まで見てシルバー指定のパーツを白で下塗りした後に吹き掛けました。これ以上先までやると混乱するので止めておきました。パーツが小さく飛んでいかないか心配。
先にパーツをシルバーで塗装

爪楊枝に乗せカラースプレー
車のプラモデルはパーツが小さすぎます。爪楊枝にやっと乗る程度のパーツを塗装させるなんて鬼畜。
爪楊枝に乗せカラースプレー

2番完成
10月12日から作り始めて2番だから、完成まであと1~2ヶ月ぐらい掛かりますね。
2番完成

2番完成
3・4番完成
パーツの塗装が終わっているのはここまでなので、続きは1週間後になります。「サスペンション」のA5・A6がセメダインを半日乾かしても直ぐに取れてしまい苦戦。A28の穴が小さいので広げ、デザインナイフで接続面の塗料を剥がしてからセメダインを1日乾かし何とか完成。ガンプラと違い差し込む穴が無くピンセットで置くだけなので難易度が高い。
2番完成

今の所、全塗装しています。
2番完成

5・6番完成
背面完成。ガンプラと違い穴など用意されておらず、塗装したパーツを仮置きしてセメダインと「ピンセット」で組み立てて行きます。微妙なズレでパーツが入らなくなり、塗料がセメダインで溶けて他の部分を汚してしまうのが辛いです。汚れた部分は乾いてから極細筆で再塗装しています。
5・6番完成
(2015年11月2日)