RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

■ 手持ちレンズを比較する
□ 撮り比べ
私の持っている3本のレンズで撮り比べをしてきました。
使ったカメラは「CANON EOS Kiss X5」となります。
  • SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]
  • CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4
  • TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
ルールとして
  • 三脚を固定し同じ場所から撮る
  • 専用ソフトで画像補正をしない
  • 画像加工ソフトで加工しない
と撮ったままの写真を掲載します。

□ 使用レンズ説明
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM [Canon用]
ミドルクラスの標準ズームで最も画質が良く、コスパも最高。F2.8と明るく17-50mmで明るさが変化しない優秀な標準ズームレンズ。マクロと倍率を捨て単焦点レンズに近い高画質と上級者でも使える、定価「82,800円」の1ランク上のレンズ。”空の青や葉の緑を鮮明に表現”しますので、風景を撮って回る私に合った主力レンズです。

CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4
87年製だが今のデジカメにも使えます。叔父が学生時代に買った望遠ズームレンズを練習用に譲って貰いました。綺麗に保管されており新品同様でした。当時の定価は「56,600円」。
AFが遅く迷いやすい、手振れ補正が無いと古さを感じる。 210mmと望遠が弱いがマクロが付いています。欠点は、色が白くなりやすい、210mmで撮ると周りのボケが強すぎるなど。

TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4」は手振れ補正が無く望遠も弱いため、ミドルタイプの価格帯で一番良い望遠ズームレンズを購入。定価「60,000円」だが、価格以上の性能で同価格帯の純正望遠ズームレンズよりも綺麗と評判。高速小型モーターで純正並のAFの速度と定評があるレンズ。”水彩画の様な瑞々しい表現”をするとの事。同じ「TAMRON」製で似たレンズがあるが、そちらは評判が悪いので注意。

■ 白梅
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD
[ 70mm ] 条件/晴れ・強風
晴れてはいたが、台風並みの強風と悪条件になりました。
70mm」と最大広角で「梅の木」全体が入る場所に三脚を設置し3種類のレンズで同じ場所で撮影致します。
強風だがAFの性能とシャッタースピード「1/100」のお陰で、風を感じない。瑞々しさは出ている。


[ 300mm ] 条件/晴れ・強風
最大望遠の「300mm」だとここまで寄れます。もっと近寄り接写したいところですが、今回はレンズテストなので断念。台風並みの強風の中「300mm」でブレてないのは流石です。


CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4
[ 70mm ] 条件/晴れ・強風
手振れ補正無しだと、強風の中では三脚を使いシャッタースピード「1/125」でも全然ダメですね。
色が全体的に白くなり、元々周りのボケが強いレンズなので更にピントが合ってないように見えますね。
1万以下のコンデジ並の写真と酷いことになりました。


[ 300mm ] 条件/晴れ・強風
最大望遠の「300mm」にすると周りのボケが強くなり過ぎて酔います。「1/400秒」という事もありピントは先ほどより合っていますね。


SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
[ 17mm ] 条件/晴れ・強風
最大広角の「17mm」だとここまで視界が広がります。雲から日が顔を出し逆光になってしまいました。


[ 50mm ] 条件/晴れ・強風
最大望遠の「50mm」だとここまでしか寄れません。あまり「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」の良さが出ませんでしたね。もう少し日が出て青々している被写体ならシグマらしさが出たのに残念です。この写真だと「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」と余り違いが出ませんでした。


■ 白梅(アップ)
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD
[ 70mm ] 条件/晴れ・強風
強風で望遠が厳しいため風が余り当たらない場所へ避難。丁度晴れ間が出てきて背景が緑と好条件の場所に三脚を構えました。 被写体と背景にメリハリは出ていますが物足りないですね。


[ 218mm ] 条件/晴れ・強風
比較するために「CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4」の最大倍率に合わせ撮ってみました。
後で分かり易く表にしたいと思いますが、全然違いますね。


[ 300mm ] 条件/晴れ・強風
最大望遠の「300mm」で結構綺麗に撮れました。水彩画の様に瑞々しくなるタムロンらしさが出ていると思います。マクロが無いのでこれ以上寄るのは厳しいです。1ランク上のレンズ「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 と表現力が変わらないですね。


CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4
[ 70mm ] 条件/晴れ・強風
風で枝が揺れない場所を選びましたので、先ほどよりはマシになりました。
背景の色も濃かったのでピントを合わせやすかったです。しかし高熱で全体が回っている感じになります。


[ 300mm ] 条件/晴れ・強風
ピントの合いは「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」より弱いが、まあまあか。
もう少し色がはっきり出てピントが合ってくれれば。


SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
[ 50mm ] 条件/晴れ・強風
最大望遠の「50mm」。他の2本のレンズより色が濃くはっきり写ってます。


■ 河津桜
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD
[ 88mm ] 条件/晴れのち曇り・無風
後日、「松戸宿坂川河津桜まつり」に試し撮りに行って来ました。前回は梅の花が白く比較に不向きだった為、今回はピンクの「河津桜」にて比較したいと思います。前回と同様に三脚を立て同じ場所から撮影を行い、補正・加工は行ってません。花片も札もくっきり写ってます。



CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4
[ 85mm ] 条件/晴れのち曇り・無風
やはり色が濃い方がピントが合いますね。前回は散々な結果でしたが合格点です。
しかし「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」と比べると色が薄く花片と札のピントの合いが微妙に弱いですね。


SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
[ 26mm ] 条件/晴れのち曇り・無風
最大望遠の「50mm」までしか寄れないので桜の全体像が入るように撮影。「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」より少しだけ色が濃い。


□ 結果
結果は最初から分かってましたが、望遠ズームレンズは「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD」の圧勝でしたね。「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」とも差が出ないほど綺麗に撮れるとは思ってませんでした。
CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4」は手振れ補正が無い欠点が出てしまいましたが、
動かず色が濃い被写体なら普通に撮れました。ただAFの弱くピントが完全に合いにくいですね。
周りのボケが強いのと全体的に白くなりやすいので使いにくいです。27年前のレンズと考えれば頑張ってますね。

  TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD CANON ZOOM LENS EF 70-210mm 1:4
白梅
強風
70mm
白梅アップ
210mm
河津桜
85mm
(記載:2014年3月18日)