RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
■ エラーページを用意する
※当サイトはシックスサーバー様とは関係有りません
□ エラーページ設定する
エラーページ設定エラーページ設定
ホームページの項目に「エラーページ設定」を発見。これは「404 - File Not Found」のページを自分でデザインできる物だと推測されます。以前のサーバには有りませんでしたが、一時期借りていたサーバには用意されておりSEO対策や広告収益を上げるのに適した機能です。

設定の仕方
[ホームページ]→[エラーページ設定]→ドメイン名を選び[選択]
から見ることが出来ます。デフォルトでは全て無効になっていますが、「error」フォルダを作成し指定のファイル名で設定すれば良いようです。全部で6種類も作ることが出来ワクワクしますね。
設定の仕方
sixcoreのデフォルトページ
sixcoreのデフォルトではページが用意されていません。以前のサーバは設定は出来ませんでしたが、レンタルサーバ名が入ったページが表示されていました。それはそれでどこのレンタルサーバを使用しているのか丸わかりで嫌ですが。
sixcoreのデフォルトページ

Google ウェブマスター ツール
Google ウェブマスター ツールで確認したところ、「見つかりませんでした」は「2,824ページ」も存在しました。上記の何も無いページが2,824回も表示されたことになります。ここに広告を貼れば、ユーザーに行き先が無いのでクリック率が上がります。トップページに誘導できるようにすればアクセス数が増えます。この「Not Found」は埋蔵庫、宝の山です。
Google ウェブマスター ツール

□ エラーページを用意する
Not Found」用の適当なイラストを用意。他のページに飛ばすことをイメージし、テーマはロケットで作成しました。パチンコは北朝鮮のミサイル開発に使われてるぞという社会風刺画。
(新たに購入した 『CLIP STUDIO PAINT (64 Bit) 』を慣らし運転)
エラーページを用意する

404 Not Found
404 Not Found」用ページをデザイン致しました。
404 Not Found

エラー一覧
ちょっと分かり難いのでまとめてみたいと思います。
401.html 401 - Authorization Required
認証に失敗した場合
403.html 403 - Forbidden
アクセスが禁止されている場合
404.html 404 - File Not Found
リクエストされたURLに対応するものが発見できなかった場合
500.html 500 - Internal Server Error
CGIが正しく動作していない場合
.htaccessの書式が間違っている場合
文字コードがおかしい場合
501.html 501 - Not Implemented
未実装
503.html 503 - Service Unavailable
サイトにアクセスが集中してサーバが高負荷の状態
メンテナンス中などでアクセスできない状態

FTPでアップロード
全ページ作成が終わりましたので、FTPでアップロード致します。
設置場所は/error/401.html~503.htmlになります。
FTPでアップロード

一個ずつクリックしステータスを有効にしていきます。
FTPでアップロード

動作テスト
確認用URLが有りませんので直接URLを入力していき/error/401.html~503.htmlを確認致します。確認が終わったら、先ほど「Not Found」になった適当なURLを入力しオリジナル「404 Not Found」が表示されるかのテストを行いましょう。
動作テスト

■ デザイン崩壊対策
相対パスが使えない
先ほどの「404 Not Found」を確認したところデザインが狂っていました。この崩壊の仕方はネットサーフィンをしているとよく見かけますよね。「/error」と同じ階層で確認したところ大丈夫でした。どうやらエラーページに飛ばすのでは無く、エラーページをそのページに置き換える相対パスだとデザインパーツが呼び出せなくなるようです。
相対パスが使えない

絶対パスで対策
CSSやデザイン素材のURLを直接入力し、エラーページのみ絶対パスでデザインする事に致します。絶対パスはドメインが変わると全て修正する事になり好ましく無いのですが、仕方ありません。

再度動作テストを行ったところ上手くいきました。階層の違うページでもデザインが狂うこと無く表示されるようになりました。
絶対パスで対策

□ ルートパス
(追記:2013年2月5日)
HTML的な考え方で「ルートパス」は「絶対パス」「相対パス」の2種類しかありませんが、掲示板の方で「ルートパス」と呼ばれる裏技があるとのアドバイスを頂きました。前者の「ルートパス」と後者は別の意味と言葉がややこしいですね。
相対パス ../img/error.jpg
絶対パス http://www.interz.jp/img/error.jpg
ルートパス /img/error.jpg

調べた所詳しくは掲載されてませんでしたが、
  • ルートパス」は「絶対パス」の「http://ドメイン/」を省略した物
  • 相対パス」を遠回りせずトップディレクトリからの計算した物
http://www.interz.jp/部分を「C:/~/public_html」と考え
C:/~/public_html/img/error.jpgとPC(サーバ)のフォルダと考えるやり方だと想定します。

利点と欠点
  • 利点はドメイン(URL)関係無しに使えると言う事です
  • 欠点はローカル上では表示されないため、デザインの確認ができません
    ソフトによる自動縦横 pixel 指定が行えない
  • 画像表示には適しているが、サイト内のページ移動には使いにくい
動作テスト
上手く動作致しましたが、各自の責任でお願い致します。
当方は結局「相対パス」中心で不具合が出る物のみ「絶対パス」が使い易いので戻しました。
動作テスト

今回はここまで、次回はアクセス解析の設定したいと思います。