RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

■ AMDで見積とパーツ購入
□ AMDで事務用PCを組む
高安定性を保ち価格を抑える
今年は丁度買換時期なのか頻繁に自作の依頼を受けて忙しい。今回は弟の事務用PC。使用するソフトは以下の4つ。OSは会社で購入した「Windows7 pro 64bit」 があるので無料アップデートで「Windows10」にするとの事。そんな面倒な事をするか聞くと、「Win10」にインストール出来ない仕事用のソフトが有り「Win7」に入れてからアップグレードすると何故か動くとのこと。
  • Photoshop
  • illustrator
  • Word
  • Excel
今Intelは高いですね。AMDと1万円近く差があります。夏にプロ用カメラの現像編集用PCを頼まれましたが、その時にAMDが復活しIntelより売れてましたので久々にAMDで構成する予定です。

プラン1
A12-9800E BOX (11,990円) でGPUを使用し安上がりに構成
A12とA10はGPU有り

プラン2
Ryzen 5 1400 BOX (17,363円) +GeForce 1050Ti で標準的な構成に
RyzenはGPU無し

AMDはメモリとの相性が深刻
不安な点があります。夏に下調べした時にAMDは高速メモリを使わないと意味が無い、使うメモリが決まってる等書かれており面倒だった覚えがあります。早速「TSUKUMO eX.」に行き構成を相談。

crucial 2666以外は危ない
店員の話を要約すると、「A12-9800E BOX 」でGPUを使うとクロック数が下がり速度が低下するのでお奨めしない。2666のメモリを使う必要がある。Ryzenは「Ryzen 3 1300X BOX 」が本当に良いCPUでお奨め。何故売れてないか分からない。メモリと相性が出やすく” 両面にチップがあるタイプは駄目 ”片面を選ぶこと。メーカーでも相性が有り「crucial」を買えば間違いない。今の所「crucial」で相性が悪かった報告は無い。
Ryzen 3 1300X + crucial2666 8G×2 + 1050Ti は最高の組合せとの事

□ 見積
CPU
Ryzen 3 1300X BOX 14,780円
Ryzen 3 1300X BOX / 14,780円
クロック周波数 3.5GHz コア数 4コア TDP 65W
ツクモのベテラン店員一押しのCPU。帰宅後調べると上位の「Ryzen 5 1400」の方が3.2GHzと低く、「Ryzen 5 1500X 」の3.5GHz と同じクロック周波数(三次キャッシュは16MBもあるが)で「Ryzen 3 1300X BOX 」はコスパが良い。 CPUとマザー同時購入で2,000円引きセールが行われておりマザーの方から引かれました。

マザーボード
ASUS PRIME B350-PLUS / 10,980円(セット割引-2,000円)
ASUS PRIME B350-PLUS / 10,980円(セット割引-2,000円)
CPUソケット SocketAM4 チップセット AMD B350 メモリタイプ DIMM DDR4 ケース ATX
高性能で安い変態マザーこと「ASRock」を選ぶ予定でしたが、下調べ段階で「AB350 Pro4 」が11,480円。品質と安定性が売りのASUS「PRIME B350-PLUS 」が11,882円と差がなかったので、前者を選ぶ意味が無くなりました。「PRIME B350-PLUS 」は価格.comの満足ランキング1位。

グラフィックボード
ASUS PH-GTX1050TI-4G / 14,980円(個数限定)
ASUS PH-GTX1050TI-4G / 14,980円(個数限定)
搭載チップ NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti メモリ GDDR5 4GB メモリクロック 7008MHz
安定性を考えマザーもグラボも同じメーカ(ASUS)で統一したがったが、下調べすると「DUAL-GTX1050TI-4G」は売り切れ、「PH-GTX1050TI-4G 」は高騰中で17,256円。一端ドスパラ限定のPalit「NE5105T018G1-1070F」を見に行くと店員の反応が悪く「MSI」を奨めてきたので、Palit製品は値段相応か。再びツクモに戻ると「PH-GTX1050TI-4G 」が個数限定の14,980円でしたので即決。

メモリー
crucial W4U2666CM-8G 19,800円+交換・延長保証2,000円
crucial W4U2666CM-8G 19,800円+交換・延長保証2,000円
メモリ容量 8GB×2枚 メモリ規格 DDR4 SDRAM モジュール規格 PC4-21300(DDR4-2666)
Ryzen 3 1300X 」との相性的に「crucia」一択でしたが千円安い純正が売り切れていたので「CFD」の「W4U2666CM-8G 」を購入。windows10が快適に動くのは16GBから。21,800円で内2,000円は強制保証。夏に店員から聞きましたが親会社がヤマダ電機になってからは面倒らしい。


SSD(OS用)
WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0A / 9,700円
WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0A / 特価9,700円
容量 250GB タイプ 3D NAND 読込速度 550MB/s 書込速度 525MB/s
最近は「TLC」の品質が上がってきており容量が多い方がランダム書き込みに余裕があるので長寿。 高価な「MLC」より、容量の多い安い「TLC」が主流になっています。サムスンは放熱問題があるので除外し、crucialの「MX300 CT525MX300SSD1/JP 」が大人気です。それと「3D MLC」を採用しながら低価格のPalit「GFS-SSD240(ドスパラ限定)」をチェック。ドスパラの店員に聞くとまた微妙な反応。不具合が報告がチラホラあるらしい。そこで店員に「WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0A 」が良いですよと奨められました。結局ドスパラで購入を検討していた限定商品が全て品質に難有りと店員が言っていましたので、ツクモで一式揃えることにしました。

ツクモ eX.では「WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0A 」売り切れており「サムスン(OEMで中身はWD)」を奨められましたが、他店舗に在庫があると取り寄せてくれました。ツクモの店員も「3D NAND」搭載でベタ褒めしてました良いSSDです。ちなみに「M.2 (Type2280) 」では無くSSDにしたのは「Win7」がインストール出来ない可能性があった為。
HDD(データ用)
MD03ACA300V / 特価5,980円
MD03ACA300V / 特価5,980円
容量 3TB 回転数 7200rpm インターフェイス Serial ATA600 バッファ 64MB

HDDは安心の東芝ブランドで3TBの7200rpmと予め決めてましたが、ツクモに行くと3タイプ有り困惑。
実際にはもっと細かい違いがあり店頭に表記してあったのですがメモらず、ネットでは表記が隠されており見付からず。「MD03ACA300V 」が特価で5,980円との事なので購入。データ用なのでそこまで気にせず。

MD03ACA300V 」バッファ 64MB 非AFT / 5,980円(特価)
DT01ACA300 」バッファ 64MB / 7,701円
MD04ACA300 」 バッファ 128MB / 9,264円

ブルーレイドライブ
pioneer BDR-209BK/WS2 バルク / 8,315円
pioneer BDR-209BK/WS2 バルク / 8,315円
BD-R 16倍 BD-RE 2倍速 DVD-R 16倍速 CD-R 40倍速
ドライブはNECが撤退してから「pioneer」一択になってしまいましたが、当方が「Core i7 2700K」で組んだときにはブルーレイドライブはバルクで5,000円弱で購入出来ましたが、今は9千円弱するんですね。BD-Rも滅多に使わないので2千円強のDVDスーパーマルチドライブにするか弟と相談しましたが、変な所で節約しても仕方ないので「BDR-209BK/WS2 バルク 」で良いとの事。
電源
Seasonic SSR-550RMS / 11,480円
Seasonic SSR-550RMS / 11,480円
対応規格 ATX/EPS 電源容量 550W 80PLUS認証 Gold プラグイン対応 Haswell対応
電源は品質の良いSeasonic製品の「80PLUS認証 GOLD」を購入する予定でしたので、構成により「SSR-450RMS 」と「SSR-550RMS 」のどちらを選ぶかでした。想定通り前者でも足りるがOCなど負荷を掛ける場合があるなら後者が良いとの事。余裕を持たせ「SSR-550RMS 」を購入。品質のが落ちるCorsair製と価格が変わらないのに何故かCorsair製の方が売れてますよね。特別な理由があるのでしょうか?


PCケース
Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5 [White] / 13,580円セール
Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5 [White] / 13,580円(セール-1,000円)
対応 ATX 幅x高さx奥行 232x462x531mm 5.25inch 2個 内蔵2.5inch 2個 内蔵3.5inch 8 個
ケースは白が良いとの事で定番の「M 690 III White CMS-693-WWN1-V2 」にする予定でしたが、
Fractal Design「Define R5 FD-CA-DEF-R5 [White] 」が気に入ったとのこと。現在特価で13,980円→11,858円とお得です。展示品の内部を見ると幅広なので「M 690 III 」より広く使え問題ありません。欠点はトレーが鉄ですが安っぽいのとファンの設置可能な場所も8箇所あるのに前面に1個、背後に1個しか付いて無い事ですね。それほど熱が出る構成では無いので、前に1個増やし上面2個は止めます。メッシュなのでホコリが気になりますが布などで隠して貰いましょう。
※展示品は天井がメッシュだったが現物は蓋が付き開閉式

若干高い透明アクリル版へ変更
専用用紙に全ての型番を記載しレジへ持って行くとケースのみ売り切れで他店舗にも在庫が無いとの事。入荷予定を聞くと年末年始で1月中旬になってしまうとの事。どうするか相談してると、左側面がアクリル(透明で中が見える)タイプは在庫があるとの事。ただ14,580円と高めです。しかし” 今年中に組み立てないとWindows10の無償アップデートが終わってしまう ”のでこちらを購入。

Fractal Design製ケースファン キャンペーンで+1個
前面用のファンを追加する予定でしたが、只今キャンペーン中でFractal Designのケースを購入するとファンが1個貰えるとの事。ケース自体もレジを通すと14,580円→13,580円とセール対象品で店員も驚いていました。
Fractal Design製ケースファン キャンペーンで+1個

その他
その他
ASUS「PRIME B350-PLUS 」にはSATAのケーブルが2本しか付いて無いので「WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0A 」の色に合わせ青を購入。一個上のマザー「ROG STRIX B350-F GAMING 」は2千円高いだけでSATAのコードが4本付いており、2本購入したら同じ価格になります。こちらの方が音源など全て上位ですし…悩ましいです。夏に作ったときにツクモの店員から教えて貰った「ファンケーブルの分岐」。「マザーのボード用ブザーユニット」は前回購入したらASUSのマザーに同封されており余りましたので入って無いか確認し購入。

Win7は入らないので直接Win10を入れWin7のシリアルを使う事に
調べて貰った所、この構成だと「Windows7」をインストール自体できないとのこと。
夏にプロ用カメラ現像機を作ったときに「M.2 (Type2280)」を採用し、やり方を事前に調べると「Windows10」のインストールにドライブが使えない人とUSBが使えない人に分かれていたので、Microsoft公式サイトからDVD版とUSBの2種を無償DLしてあり、そちらを最初に入れ「Windows7」のシリアルを入れれば通るとのこと。「Windows10」を最初から入れるのならSSDでは無く、配線も電源も要らない「WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0B 」にしたのですが時既に遅く。


年末特価と重なりネットで購入するより1割、Intelで組むより更に1万円、計2万円安く済みました
  • CPU Ryzen 3 1300X BOX / 14,780円
  • マザー ASUS PRIME B350-PLUS / 10,980円(セット割引-2,000円)
  • グラボ ASUS PH-GTX1050TI-4G / 14,980円(個数限定)
  • メモリー crucial W4U2666CM-8G 19,800円+交換・延長保証2,000円
  • SSD WD Blue 3D NAND SATA WDS250G2B0A / 特価9,700円
  • HDD MD03ACA300V / 特価5,980円
  • ブルーレイドライブ pioneer BDR-209BK/WS2 バルク / 8,315円
  • 電源 Seasonic SSR-550RMS / 11,480円
  • ケース Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5 [White] / 13,580円(セール-1,000円)
    Fractal Design製ケースファン キャンペーンで+1個
合計 121,063円

(記載:2018年1月4日)
次のページ | Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5(ホワイト)| お洒落で中が広く使い易いPCケース