RSS
人気ページランキング
ブログパーツ

■ Windows10 スタートが左クリックで反応しない不具合の対策
□ Windows10 左クリックでスタートメニューが開かない
Windows10 左クリックでスタートメニューが開かないWin10定番の不具合か
叔母から連絡がありノートパソコンで「スタート」をクリックしても反応が無く電源が切れない、右クリックから何とか行えたとの事。7年前のモバイルPCなので寿命と買換を助言。
当方のPCでも「Bluetooth」を使用するため音源のドライバをバージョンアップすると「スタート」が左クリック出来ない不具合が出ましたので「システムの復元」で前日(音源更新前)に戻すも解消しませんでした。
調べるとWindows10は「スタート」で左クリック効かなくなる不具合の報告が多いですね。詳しく状況を書くと「スタート」で左クリックが全く効かない、一瞬残像が出てから全く効かなくなる、右クリックは重く10秒後ぐらいに開く。タスクバーは逆に右クリックが効かない、左クリックは若干重いがアプリは開く。


【対策1】 高速スタートアップを無効にする
ログイン画面でキーボードが効かなくなるなど多数の不具合を出す事で有名な「高速スタートアップ」。これは電源を切ったと見せかけ内部では稼働中で次回起動を高速に行う微妙な機能。

コントロールパネル→「システムとセキュリティ」→「電源オプション」→「電源ボタンの動作を選択する」→「現在使用可能ではない設定を変更します」をクリック

ここで「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外し「変更の保存」をクリック
過去に2回外していますが、大型アップデートの度に戻る様子。当方のPCはこれで直らず
【対策1】 高速スタートアップを無効にする

【対策2】 セキュリティソフトを完全削除
昔からですがWindowsは「セキュリティソフト」が悪さする報告が多発。無効にしても効果が無く、アンインストールしても消し残したファイルが悪さをします。そこで完全削除する公式アプリを使用。「アクティベーション」も消えるので注意

サービス: カスペルスキー製品を完全にアンインストールする削除ツール
https://support.kaspersky.co.jp/common/service

効果はありませんでしたが、もし不具合が直ったとしても1万円する「セキュリティソフト」を捨てる訳にも行かず微妙です
【対策2】 セキュリティソフトを完全削除

【対策3】コマンドプロンプトで修復
【対策3】コマンドプロンプトで修復Windows 10 は更新で構成が変わる事が多く、最近は「コマンドプロンプト」と「コントロールパネル」が奥地に追いやられる傾向があります。
現在は「スタート」→「Windows システムツール」→「コマンドプロンプト」に収納されています。「右クリック」→「その他」→「管理者として実行」で起動させないと実行できません。

そもそも「スタート」が左クリック出来ない場合の対処なので
  1. Ctrl」+「Shift」+「ESC」を同時にクリック
  2. タスクマネージャーの「ファイル」をクリック
  3. 新しいタスクの実行」をクリック
  4. このタスクに管理者権限を付与して作成します。」をチェックを入れる
  5. 開く」の窓に「cmd」と入力
  6. OK」をクリック
し起動させます。


コマンドプロンプト」で以下を入力
dism /online /cleanup-image /restorehealth

Core i7-2700K + PLEXTOR PX-256M5P(SSD)で5分
【対策3】コマンドプロンプトで修復

システムのスキャン 8分程
sfc /scannow

【対策3】コマンドプロンプトで修復

以下を入力。瞬時に終了
powershell

【対策3】コマンドプロンプトで修復

以下を入力もエラーで上手く行かなかった様子
Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$.InstallLocation -like "SystemApps"} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}

【対策3】コマンドプロンプトで修復

powershell を使用
タスクマネージャを起動し今度は「powershell」と入力
管理権限のチェックを忘れずに
powershell を使用

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}

powershell を使用

今回は実行されましたが
powershell を使用

上手く行った感じがしません。実際に不具合は直らず
powershell を使用

【対策4】Cortana(コルタナ)を無効にする
これは当方のPC「Windows 10 pro 64bit」では出来ましたが、叔母のPC「Windows 10 home 32bit」では出来ませんでした。proとhomeの差別化ですね。

  1. Windows キー」+「r」を同時にクリック
  2. ファイル名を指定して実行」が起動
  3. 窓に「gpedit.msc」と入力
  4. OK」をクリック
【対策4】Cortana(コルタナ)を無効にする

ローカル グループ ポリシー エディター
管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」の中から「検索」を探す
ローカル グループ ポリシー エディター

検索」を開き「Cortana を許可する」を探し「無効」にする
個人的に「ロック画面でCortana を許可する」と
検索とCortana による位置情報の使用を許可する」も無効にしました
ローカル グループ ポリシー エディター

やり方はダブルクリックし「無効」を選び「OK」を押す
ローカル グループ ポリシー エディター

【対策5】競合してるアプリを消す
ネットで調べ出来る事は全て試しましたが、「スタート」が左クリック出来ない不具合は直らず。「Adobe AIR」と関連ソフトを消すと頻度が減り「Everything」の旧バージョンを消したら頻度が激減。
【対策5】競合してるアプリを消す

12月10日のWindows10更新から動作が不安定
合計30本アプリを消しましたが、それでも5~10回起動したら1回程度左クリックが効かなくなります。その場合は再起動すれば直りますが。Twitterで情報収集すると「タスクマネージャー」でブラウザが複数開いている状態になるとの事。そこで新しいタブで空開きすると、「Chromeは10個」「Firefoxは5個」開いてる事になりますね。そして無効にしてる「Cortana」も4つ起動しており厄介です。「Runtime Broker」 と言うのが悪さしていますね。「Cortana」「フォト」等と一緒に起動します。事の発端は12月10日のWindows10の大容量アップデート。
12月10日のWindows10更新から動作が不安定

(記載:2017年12月21日)
【参考文献】
Windows10のスタートメニューが表示されない不具合の対処法・解決方法 - 勤怠管理システム | ボクシルマガジン
Windows10のスタートメニューが 開かない・表示されない 場合の対処方法 - ぼくんちのTV 別館
Windows 10 で Cortana (コルタナ) を停止・無効にする方法 - 岐阜県パソコン教室