RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

| 複合機プリンタ選び2014冬 | プリントヘッドの位置調整 | 無線LANと接続とソフトウェアのインストール |
| 写真を印刷すると細長くなる・フチなし全面印刷と写真用紙の比較 |
| SDカードを挿し直接印刷・スキャン設定(ScanGear) |
| 筆まめVer.25の導入方法と裏技 | ラベル屋さん9 | ディスクレーベル印刷に挑戦 |

■ ラベル印刷用紙を買ってきた
□ ディスクレーベル印刷
Canon Quick Menu
前回は背面ラベル印刷が終わりましたので、今回は目的の「ディスクレーベル印刷」を行いたいと思います。「Canon Quick Menu」を立ち上げ 字の角にある全表示をクリックすると、プリントの中に「ディスクレーベル印刷」のアイコンが出現します。
ディスクレーベル印刷

デザインと用紙の設定
ディスクレーベル印刷」をダブルクリックし起動します。当方は字が汚くペンで記入する代わりですので、モノクロの文字だけです。デザイン一覧で「シンプル」を選び、用紙サイズを「12cmディスク(内径小)」を選択し「OK」をクリック。
デザインと用紙の設定

中央揃えが無い
プリンタに無料で付属されるソフトだけあって、使い勝手が悪く何故か重いですね。直接文字打ちは出来ません。下のメニューから「テキスト/画像枠」の追加をクリックし、マウスで入力範囲を作成します。
文字が大きいと勝手に改行されてしまいます。中央揃えにしようとした所、「整列」が見当たりませんでしたので。古典的な「スペース」で擬似的に中央揃え致しました。
中央揃えが無い

部分的に文字の大きさを変えられ無い
通常はタイトルを大きくし副題や話数を小さくしますが、一部分だけ文字の大きさを変えることが出来ませんね…選択してない部分も変更されます。これはちょっと使い物になりませんね。予め用意した画像を読み込み印刷用ですね。
部分的に文字の大きさを変えられ無い

印刷
メニュー右下にある「印刷」をクリック。「モノクロ写真で印刷する」にチェックを入れました。モノクロ指定しないとプリンタはカラーインクを使いモノクロを再現してしまうんですよね。「PIXUS MG7130」はモノクロ印刷の場合、「顔料」を使用しますので長持ちします。ラベル印刷に適していますね。
設定が終わったら「印刷」をクリック。
印刷
トレーを取り出す
PIXUS MG7130」の下から2番目のトレー裏側に「ディスクレーベル印刷」のトレーが貼り付いています。毎回ここから取り外すのは面倒ですね。用紙入れに仕舞ことに致します。
トレーを取り出す

レーベル印刷用トレーを挿入する
トレーに乗せ挿入致します。方向はトレーに矢印(↑)が記載されています。挿入口は直ぐに見付かりましたが中々入りません。プリンタに内蓋が有り、そちらを最後まで下げないと駄目です。奥まで入りますがトレーとプリンタ本体の両方に矢印(▲)がありますので、そこに合わせ止めます。

印刷」をクリックしトレーを入れる指示が出る前に入れると、やり直しをされられます。何枚も印刷している最中でも時間が空くと最初からやり直しさせられます。
レーベル印刷用トレーを挿入する

逆向きに印刷される
1回で成功しました。毎回作成するのは面倒ですが背面ラベル印刷とは違い簡単ですね。気になるのは正位置で入れたのに逆向きで印刷されている所でしょうか。何枚か印刷しているうちにコツを掴みました。180度逆に入れれば正位置で印刷されますね。
逆向きに印刷される

スリムケース背面ラベル用シールを貼る
前回用意した背面ラベルをスリムケースに全て貼り付けてみました。予想より見栄えが良いですね。細いので貼り付けるのは少し大変です。
スリムケース背面ラベル用シールを貼る

ディスクレーベル印刷
レーベル印刷も全て終わりました。手書きの方が早いですが印刷の方が綺麗ですね。ペンで書いている途中に手で擦り滲みませんし便利です。
ディスクレーベル印刷

ディスクレーベル印刷

■ おまけ
□ 普通紙
普通紙は100円の差でも品質がだいぶ違う
プリンタ購入時に普通紙を買い忘れていたので行ってきました。本当は400枚380円程度の激安用紙で良かったのですが、消費税8%と1ドル120円超えと円高のお陰で高いですね。” 枚数が多いと湿気ってしまいます ” ので、枚数が少なく安い「FUJIFILM インクジェットプリンタ用紙 画彩 普通紙仕上げ A4 250枚 」を286円(税別)で買ってきました。
普通紙は100円の差でも品質がだいぶ違う

激安用紙と有名ブランドでは全く違った
いざ使って見ると” 手触りが無名ブランドの普通紙と全く違い ”ますね。” インクの乗りも全く違い ”ます。普通紙でもメーカー品を買った方が良いですね。
激安用紙と有名ブランドでは全く違った

100円ショップで普通紙入れを購入
今まで使用していた400枚の激安普通紙は開封した後に散らばってしまい、折れや汚れ、湿気で劣化してしまい、「紙詰まり」を起こしてしまいました。折角「FUJIFILM」の普通紙を購入しましたので、帰りに100円ショップに寄りケースを購入しました。
100円ショップで普通紙入れを購入

早速使って見ました。丁度良い大きさです。「ディスクレーベル印刷」のトレーも一緒に仕舞っています。
100円ショップで普通紙入れを購入

湿気らない様にガムテープで口を塞ぎました。DTPで働いていたので上司から湿気らないように煩く言われました。
100円ショップで普通紙入れを購入


■ 編集後記
□ 7ヶ月かけ全8ページ完走
複合型プリンタ「PIXUS MG7130」を購入したのが昨年11月下旬。全2ページ予定でしたが、情報量が多かった事とトラブルが続出した為、記載に7ヶ月かかり全8ページとなりました。Canonの一眼レフを持ってない限りは、EPSONの方が簡単で綺麗だと思います。「PIXUS MG7130」は癖が強いですね。
(記載:2015年6月20日)

| 複合機プリンタ選び2014冬 | プリントヘッドの位置調整 | 無線LANと接続とソフトウェアのインストール |
| 写真を印刷すると細長くなる・フチなし全面印刷と写真用紙の比較 |
| SDカードを挿し直接印刷・スキャン設定(ScanGear) |
| 筆まめVer.25の導入方法と裏技 | ラベル屋さん9 | ディスクレーベル印刷に挑戦 |