RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

| 複合機プリンタ選び2014冬 | プリントヘッドの位置調整 | 無線LANと接続とソフトウェアのインストール |
| 写真を印刷すると細長くなる・フチなし全面印刷と写真用紙の比較 |
| SDカードを挿し直接印刷・スキャン設定(ScanGear) |
| 筆まめVer.25の導入方法と裏技 | ラベル屋さん9 | ディスクレーベル印刷に挑戦 |

■ 無線LANと接続する
□ 無線LAN(Wi-Fi ルーター)を使う
プリンタを壁に付けるとUBSが使えなくなり、PC本体との距離も3mあり高速で安定するUSBでの接続は断念し「無線LAN」で繋ぐことに致します。この「BUFFALO WZR-300HP」は私物で無いので設定が分からず厄介です。
 以前、PSPやDSとの接続にUSB型「Wi-Fi」を購入し設定を行った時には「SSID」や「KEY」などを使った記憶がありますので、本体のシールを探しメモ致しました。近くを通った人が無断使用が出来ないように設定するIDとパスワードの様な物ですね。
無線LAN(Wi-Fi ルーター)を使う

無線LANセットアップ
手動設定でやる予定でしたが、面倒なので自動設定でやります。
BUFFALO 製→「AOSS
NEC 製 →「らくらく無線スタート
他社製品の場合は公式サイト参照。
無線LANセットアップ

AOSS対応のアクセスポイントに接続
こちらは「BUFFALO製」なので、「AOSS」を選択しました。「アクセスポイントのAOSSボタンを長押ししてください」との事ですが、「無線ルータ」と階が違うので苦労します。
AOSS対応のアクセスポイントに接続

BUFFALO WZR-300HPBUFFALO WZR-300HP

使用機種は「BUFFALO WZR-300HP」。こちらは私物では無く、ネットワーク上にはあるが、設定どころか利用もしていないので使い方が分かりません。真ん中にあるのが「AOSSボタン」でした。
最初は知らず「らくらく無線スタート」を選び「無線ルータ」を認識できず3往復し、「AOSS」に変更し成功致しました。


□ 最新のファームウェアにアップデート
ネット接続に成功すると「サーバーに最新のファームウェアがあります」との事。PCパーツのファームウェアやドライバは、まずネットに繋いで最新の状態にするのが、私の主義です。
最新のファームウェアにアップデート

ファームウェアのアップデート方法
セットアップ」→「本体設定」→「ファームウェアのアップデート」を選択
ファームウェアのアップデート方法

バージョン確認
現在のバージョン:4.000」と出荷時の初期バージョンですね。
バージョン確認

最新バージョンを入れる
最新のバージョン:4.030」との事。「はい」を選択します。
更新中に電源ケーブルを抜くと二度と立ち上がらなくなりますので厳禁。
最新バージョンを入れる

本体の上に物を乗せないようにしよう
カバーの上にマッチ箱程度の「トークン」を置いただけで電源が入ってしまいました。
電源はボタンでは無くセンサーの様です。
本体の上に物を乗せないようにしよう
□ セキュリティソフトが攻撃と勘違いする
セキュリティソフトの「カスペルスキー」が馬鹿なのか、「BUFFALO WZR-300HP」の頭が悪いのか、「PIXUS MG7130」→「無線LAN」→「PC」のアクセスをプライベートIPを装った「成り済まし攻撃」と勘違いし連日警告が出るようになってしまいました。
セキュリティソフトが攻撃と勘違いする

■ ソフトウェアのインストール
□ 最新ソフトウェアの入手
最新のソフトウェアを入れる
付属のDVDは古いので、最新のソフトウェアとドライバを公式サイトからダウンロード致します。
専用ページ(HTML)が用意されて無くCGIで管理されていますので、以下のページから機種名をクリックします。当方は「PIXUS MG」→「PIXUS MG7130」→「Windows 7 (64bit版)」となります。

インクジェット複合機【PIXUS MG,MP,MXシリーズ/MultiPASS】:機種を選ぶ

http://cweb.canon.jp/cgi-bin/download/select-product-by-catg.cgi?i_cd_pr_catg=011

まとめてインストーラー
まとめてインストーラー」→「PIXUS MG7130をインターネット経由でセットアップしよう
をクリックします。全てのソフトウェアとドライバが入っており便利です。
まとめてインストーラー
インクジェット複合機【PIXUS MG、MP、MXシリーズ/MultiPASS】:PIXUS MG7130:Windows 7 (64bit版):ソフトウエアを選ぶ

EPSONより簡単
10年以上使っていたEPSON製品は、以下のソフトウェアを個別にダウンロードし導入するので苦労しました。Canon製品の「まとめてインストーラー」は便利ですね。
EPSONより簡単

クライアントをダウンロードする
ダウンロード開始」をクリック。
クライアントをダウンロードする


win-mg7100-1_0-jcd.exewin-mg7100-1_0-jcd.exe」のダウンロードが完了しました。
48.7MBと容量が少ないので、これは「インストーラ」ですね。


インストール開始
win-mg7100-1_0-jcd.exe」をダブルクリックするとインストールが開始致します。
インストール開始

インストールソフトウェア一覧
デフォルトでは「XPSドライバー」以外の全てのチェックが入っています。この「XPSドライバー」は、16bpc印刷用のドライバとの事。一眼レフを所持している、対応した画像ソフトを持っている場合は入れた方が良いでしょう。印刷時にどちらのドライバを使うか選択できます。当方もインストールしました。
PCが重くなるのでドライバ以外を入れない主義ですが、今回は全て入れました。
インストールソフトウェア一覧

ダウンロード中
合計3G近くありますので、ダウンロードには時間が掛かります。
ダウンロード中

セットアップ完了
途中プリンタを探しに行きますので、電源を入れるように指示されます。
無事「無線LAN」経由で見付ける事が出来れば完了。
セットアップ完了

セットアップ結果
セットアップ結果

■ Canon Quick Menu
Canon Quick Menu
右下に「Canon Quick Menu(ランチャ)」が表示され、右上には「フォトビューアー」が表示されるようになります。重くなり画面も狭くなるので、余り好きではありません。
※真ん中は個人的に入れているデスクトップ整理用ランチャです
Canon Quick Menu

Canon Quick MenuCanon Quick Menu」は角にあるキーボードの様なアイコンをクリックすれば全てのメニューが表示されます。よく使うソフトがL型に表示されておりカスタマイズ可能です。

最近の「Photoshop」は「TWAIN」に非対応となりスキャニング出来なくなりましたので、「ScanGear」は必需ですね。
PIXUS MG7130」を購入した理由のひとつに「BD-R」のレーベル印刷をしたい事がありましたので、「ディスク レーベル印刷」も必需です。


Canon Quick Menu

クリエイティブパークプレミアム
Canonのプリンタと純正インクを使用していると「クリエイティブパークプレミアム」と言うサービスを受けられます。
クリエイティブパークプレミアム

会員限定素材集と言った感じですね。当方は自分で写真を撮り、自分で絵を描き、自分でデザイン致しますので、使うことは無さそうです。
クリエイティブパークプレミアム

キャノンお知らせメッセンジャーが邪魔
右下に現れる「キャノンお知らせメッセンジャー」という宣伝ソフトが頻繁に現れ邪魔です。設定が1日1回になっているので、1週間か1ヶ月に変更してしまいましょう。
キャノンお知らせメッセンジャーが邪魔
常駐はOSを重くする
Canon Quick Menu」はWindowsと同時に立ち上がるためOSが重くなります。常に使うわけでもありませんので、「Canon Quick Menu」の空白部分を右クリックし「環境設定」を選択。
Windowsと同時にQuick Menuを起動する」のチェックを外し必要なときのみ起動致しましょう。
お知らせ/アップデート情報機能を使用する」も出来れば切りたいところですが、アップデート情報は欲しいので悩ましいです。
常駐はOSを重くする

| 複合機プリンタ選び2014冬 | プリントヘッドの位置調整 | 無線LANと接続とソフトウェアのインストール |
| 写真を印刷すると細長くなる・フチなし全面印刷と写真用紙の比較 |
| SDカードを挿し直接印刷・スキャン設定(ScanGear) |
| 筆まめVer.25の導入方法と裏技 | ラベル屋さん9 | ディスクレーベル印刷に挑戦 |