RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ
■ 秋葉原のブラック企業で働いた日記1
社員になるも初任給が貰えなく、家賃滞納で夜逃げをやらされ本部にヤ○ザが乱入したりのはちゃめちゃな当時の日記です。 ※人から聞いた話なども入っているので確証は無いです。

時代背景
CD-Rが普及し始めPentium4が出始めた頃です。 喫茶店ブームでスターバックス コーヒーが日本国内で展開を始め、ゲームでは家庭用ゲーム初のオンラインRPG『PHANTASY STAR ONLINE』(ドリームキャスト)が人気がありました。(2003年1月14日記載 2006年1月9日修正追記)
■ どこで利益を上げいるのだろうか?(アルバイト 1年目4月)
□入社
恩師の勧誘
就職活動をしている時に、ファーストフード店のアルバイトでお世話になった先輩「K氏」から社員にならないかと誘われました。丁度「K氏」が幹部を勤める「D社」が、「有名家電量販店Y」の2階に新店舗「DY店」をオープンする事になったので、オープンスタッフとして社員として働かないかと誘われました。

社員候補として働く
大学の単位が0.5足りなかった為と、就職前に自動車免許を取得したかったので、半年間の社員見習のアルバイトとして入りました。もう1人同じファーストフード店でアルバイトをしてた同い年の友人「N氏」も先に営業で入っていました。働くまで業種を知りませんでしたがオンデマンド印刷とDTPを行う店舗でした。

明るく良い職場
DY店」の店長は先輩「K氏」でしたが、名義だけで実際は企画や営業の仕事が忙しく店には来ませんでした。 オタク街のメインストリートなのでとても賑やかでしたが、2Fという立地条件のため人目に付き難い場所でした。 雰囲気もファーストフードの様に明るく、7年間ファーストフードで働いた私には馴染みやすく働きやすい職場でした。社員になる事を目的としてましたので、メモ帳にメモを取りイラレなどの参考書を購入し勉強しながら必死に仕事を覚え、一生懸命働いていました。

疑問点
しかし1ヶ月が経過し疑問が出てきました。殆どお客が来ません。どこで利益を上げているのだろうか? その時は、『営業の仕事で利益を出していて、親会社の「Myu社」もあるから安心だろう。』と自分の中で納得させていました。

■ ゴールデンウィークキャンペーン(アルバイト 1年目5月)
準備期間
株主・幹部が大勢集まり、毎日私の勤める店舗で会議をやっています。なんでもオタク街にオープンして、立地条件が良いので人が大勢集まるゴールデンウィークにイベントをやるとをやり、知名度を上げるとの事です。株主が指揮し色々案を出し指示を出して来ます。私は凄い真面目で謙虚でしたので、必死にメモを取り毎日ご飯を食べる暇無く、遅くまで残業して一生懸命働いていました。その姿が株主に気に入られ将来の幹部候補と褒められていた事を「営業部長」から伝えられました。

当日
無料のクジ引きで、音楽ギフト券やドリンク・名刺(オリジナル名刺の作成)がその場で当たり、アンケートを書いて下さった方の中から、抽選で2名様に最新パソコンが当たるというもので、大盛り上がりでした。 かなり忙しく毎日朝一から、終電まで働き活気があり大変なものでした。 他店舗から応援が駆けつけ大声を出し盛り上げていましたが、私はそういうのは苦手でしたので名刺作成担当でした。

後日
キャンペーンも終わり、集計に追われました。結局一日2,000人以上のアンケートが集まり、本部からの命令で、エクセルに約1万人のデータを入れさせられました。 本部から早くしろとの催促が何度もありましたが、少ない人数でやっており誤字脱字が多く読めない物ばかりで、それも項目が多かったのでかなり苦労しました。そして店長代理が間違ってFDDの中身を消してしまったので、一部またやり直しする羽目に。私はデータ入力が苦手だったので、他の仕事を中心にやっていました。

結局そのデータは何にも使われず、そしてパソコンは誰にも当たらなかったという詐欺行為でした。何の為に個人情報を必死に集めていたのだろうか?どこかの業者に売ってたりして。

■ リニューアルオープン(アルバイト 1年目7月)
リニューアルする事に
有名家電量販店Y」のオーナーが、「店のデザインが話と違う、内装を変えないとと出て行ってもらう」と文句を付けてきて、これもまた酷い話でオープンしてからたったの三ヶ月で強制的にリニューアルオープンする事となりました。普通オープン前に言うだろうに、何故今更?という感じでした。

工事中
工事期間に富士○ロックスや日本○Pに研修に出され大判印刷のやり方を教わったり、富士○ロックスの接客の教育を受けたりしました。全員接客として雇われてた訳では無かったので声が小さいと怒られました。記録的な猛暑でしたが、店のエアコンが壊れてしまい2Fで窓も無かったので工事現場は異常な暑さで(40度~50度)、現場の人たちキレて営業の人に怒っていました。 私たちは上の階の倉庫にパソコンを置いて、オープン時用のチラシやらポスターを作成していたので冷房が効いていて涼しかったです。

リニューアルオープン
リニューアルされた店は、窓が無く暗く息苦しい感じがしますが、入り口にはTVを正方形に3×3で9個並べてPVを流し、バーのようなカウンターの上には、後ろからライトを当てられメニューが光るという本当のバーと間違えるようなお洒落な店に変貌しました。店長も名義上の「K氏」から営業の友人「N氏」に移り2代目店長になりました。

後日
工事は値切って格安の2000万円でやって貰ったとの事ですので、結構適当な所はありました。 しかし工事費は払わず、ビル主の「有名家電量販店Y」が肩代わりさせられたとの事。

■ 売上(アルバイト 1年目8月)
売上集計
クローズ後に毎日売上集計を付けていますが、0円が3日続くのは当たり前で、売上があったとしてもコピー代の50円とかで本当に大丈夫なのだろうか?と思いました。 お客が来ない、2Fで窓が無く閉鎖感があって暗く、やる気が出ないと最悪の環境でしたが、参考書を購入して暇な時間に独学で様々なソフトを覚え、WEBデザインも勉強していましたので得るものは多く苦痛ではありませんでした。
アルバイト 1年目9月~10月
ヘルプ
O川1号店」の朝番が人手不足との事で、朝の7時からヘルプとして毎日働かされる。 仕事も慣れなく、古株の方が多い店なので入り込み難くそれも朝5時起きでしたのでとても嫌でしたが、まだバイトでしたが社員になったら文句を言えないので試練だと思いがんばってました。
アルバイト 1年目11月
卒業制作で売上好調
営業のおかげでデザイン系の専門学校にポスターを貼らせて頂き、学生割引を付けて格安で大判印刷をする事となり、卒業制作の学生で賑わい他店舗を超える月売上「200万円」を記録しました。 しかし大判印刷は1枚の印刷に1時間かかりし、パソコンのトラブルやインク・紙切れになるとさらに1時間掛かりますので、追いつかずお客様には迷惑をかける事が度々でした。
ビルの1階入り口(NECショップ)のシャッターが早く閉まってしまう為に時間制限があり厳しかったです。これが最初で最後の好調期とは思いもしませんでした。

コンテスト
有名家電量販店Y」がCGコンテストを主催する事となり、その展示する大判印刷を依頼されました。 ビルのオーナーでしたので格安で受けた様子。それでこのコンテストの存在を知り、私も密かに参加しましたが、印刷時に名前から仕事仲間にばれてしまいました。

お陰様で賞を頂きました。「営業部長」の知り合いのカメラ雑誌の方に気に入って頂き何回か取材を申し込まれました。何故か個人的な事なのに、カメラ雑誌の方が「営業部長」に「私(部長)経由では無いと駄目と」邪魔され、5回以上約束をしましたが約束を守らない「営業部長」ですので、1回も来なく一度も実現しませんでした。雑誌に掲載される機会だったのに、私の将来を左右するかもしれない事だったのに未だに悔しいです。

■ デザイン部(アルバイト 1年目11月~)
デザイン部
新たにデザイン部が作られました。その影響で製図の印刷と3Dソフトの部門で専門家が新たに3名雇われ、うちの店で修行することとなりました。派遣会社から製図ソフトを扱える方を雇いましたが、契約内容と違う仕事をさせられ、店で私たちの手がけてた印刷機も実際は対応してないのに、強引に別ソフトへ変換してバグだらけの中やらされた大変な仕事でした。

その製図専門の派遣の人自身にも問題があり、営業に回されいつも「営業部長」や「K氏」の悪口を言っていてムシャクシャしていて、飲み会の後に外国人と喧嘩をして、怪我をし警察にお世話になったり、有給休暇を取るのを失敗して給料が貰えなかったりとトラブルを起こし辞めてしまい製図の部門はすぐに無くなりました。

■ 店舗展開(アルバイト 1年目12月)
グループ会社立ち上がる
レンタルオフィスの関連会社「DO社」が立ち上げることとなりました。サービス内容は会議室とパソコンを貸してくれるというレンタルオフィースでロゴも当社と色違いです。 「東京本店」にモデルルームを作り、東京駅前に店舗を出す事となりました。

噂話
何でも聞いた話によると株主に店を出すように言われ、一億かけてレンタルオフィースを作らされたところ店や人材を乗っ取られてしまい、一億円の借金だけが残ったそうです。それで「D社」が傾いたと言っていました。 私のファーストフードの友人だった「N氏」はこの会社に強制移籍させられ、後に嫌で嫌で辞めてしまいました。 「N氏」が「DO社」に移ってしまったので、店で一番ベテランの社員の方が3代目店長となりました。

地方展開
Y浜・甲府・山形」などに地方フランチャイズ展開をしていきました。甲府や山形は駅に小さな店があり一人で回していたそうですが、会社が危なくなると本部から遠い地方から給料が入らなくなりますので、迫害されていたみたいです。すぐに無くなりました。

アジア進出?
アジア展開するとの事で、韓国?の方が下見に来ていましたが、さすがに大きな事を言って資金集めをした程度で実現はしませんでした。雑誌に店舗数も数年で500目指す(フランチャイズ展開で)といい加減なことを書いていました。ニュースで話題になる詐欺商法の社長の大げさな演説に似ていますね。

■ 抗議団体(アルバイト 1年目12月)
講義団体
学生の卒業制作が終わり、また暇な日々がやって参りました。 カウンターに座っていると突然覇気のない死人のような30代ぐらいの団体(男女)が来ました。最初は怪しい人達だと思い店長「KK氏」に対応を任せましたが、後で店長に聞いてみると、実は親会社だと思っていた「Myu社」の人たちでした。なんでも給料を未払いにされている事の抗議だとの事です。

後で詳しく分かった事ですが、その「Myu社」は親会社ではなく、今の「D社」の前に「社長」が立ち上げた会社で、それを「K氏」発案でキンコーズを真似た会社を立ち上げ独立した形になっています。 そしてその会社から”「社長」が必要な人材と機材を全て持ち逃げし、残された社員には「お前ら仕事してないので給料は払わない」と支払わず、そこの会社に残されたのは大量の借金のみという事です。何度か裁判も起こしているもよう。

忘年会
DY店」だけで忘年会を行いました。「社長」の双子の弟の「営業部長」が担当の店であり、気に入られていた事もあり、「営業部長」のおごりで店舗スタッフと「営業部長」直属の部下4人の計10人で焼肉を食べました。肉の万世本店の上の方の階で高い所を一部貸し切りました。 今思えば会社のお金だったのだろな。「そんな金があるのならば給料未払いの前会社の人に払って上げればいいのに」と先輩が話してました。

■ コミケ部(アルバイト 1年目12月)
コミケ部
当店はオタクの街「秋葉原」でしたので、それに目を付けた上層部がコミケ部を作りました。私と同じ店で働く同い年の女性社員が同人誌活動をしている友人を招き「DY店」に受付を置き「東京本店」で印刷するという物でした。当社はオンデマンド印刷でしたので少量の部数ですと安いのですが、大量となると逆に高くなりますので、他社とは太刀打ちできません。
よって売上が出ないくらいのギリギリの価格でやってましたが、当店は受付担当でしたので、何故か同じ会社内での流れ作業の業務なのに「東京本店」で製本している人達から私達に受付だけで楽をしていると不満をよく言われました。他の業種も車を作ってる工場と販売店は違うだろうに。

立地条件と安いという事もあり結構人気がありました。「東京本店」には技術の高いベテランがいましたので、本の完成度が高く、私もやって貰いましたが良い物が出来ました。コミケ部に私の愛用の席とパソコンを奪われてしまって端に追いやられた気分で、気持ちの良いものではありませんでした。その後、代々木に新店舗「代々木店」が立ち上がりコミケ部はそこに移動して行きました。

後日
私も面白そうでしたので2度作ってみました。先輩に客よりも上手いと言われました。しかし2度目の時は給料未払いでしたので、給料を貰ってないのに印刷代を払うというマイナス行為でした。未払いの給料から引いて貰う形を取れば良かった。

■ 引越し(アルバイト 1年目3月)
引っ越し
まだオープンして9ヶ月、リニューアルして6ヶ月しか経っていませんが、「営業部長」の命令で突然引越しする事となりました。売上が波に乗ってきた時の命令ですのでいささか不満でした。

プラス思考で考えれば今度は駅前の1階ですので、今までより目立つといえば目立つのでしょうが、お得意さんを失ってしまうのは痛いです。ゼロからの出発になりました。何故か「目立たないように引越しをしてくれ、いらない機材を残しておくように」と言われてました。 新店舗は「D-CB店」です。

実は夜逃げ
後で分かった事ですが、「有名家電量販店Y」の所有するビル2階は家賃200万円と高額で、ずっと滞納しており1000万円以上払っていなく夜逃げだった様です。残してきた機材は全部リース品だった為に管理会社は勝手に処分できないらしく、暫くそのままに放置されてました。管理会社側としても機材は人質だったみたいですが。

1回目の不渡り
実は知らなかったのですが、同時期に1度不渡りを出していたみたいです。社長秘書や一部本部社員はそれを知っていて辞めていましたこれから給料が支払えなくなったり、倒産するだろうと悟って。社長秘書(男)は私と同じ椎名へきるファンで着メロをへきるの曲にしており、店長はその着メロで私の反応を楽しんでいました。
次のページ | 秋葉原のブラック企業で働いた日記2 夜逃げ・給料滞納・宅急便と家賃滞納・管理会社の嫌がらせ