RSS
人気ページランキング
ブログパーツ

前のページ | アニメ放送記念にHGBD ガンダムダブルオーダイバーを作る1 | 素組み
■ HGBC ダイバーギア
□ ダイバーギアの組み立て
こちらは「ダブルオーダイバー 」とセットで予約した専用のアクションベース「ダイバーギア 」。今までの商品よりデザイン機能性共に優れているので一目惚れ。当方はAmazonで予約しましたが実売584円とお手頃価格。
HGBC ダイバーギア

ダイバーギアのランナー
昔のプラモデル並みのパーツ数と力が入っています
ダイバーギアのランナー

取扱説明書はカッターで切り取り台紙にするので折り曲げないよう注意
ダイバーギアのランナー

□ HGBC ダイバーギアのレビュー
使い勝手 耐久
往来品より使い勝手は落ちてる
パーツはコーティングされておりカットの痕が目立ちます。従来品はネジを使用しましたが、今回は未使用でより子供向けとなっています。二箇所歯車のロックがあり、これを使うと指で引っ張り出す事が困難で分解か傷を覚悟でラジペンで引っ張り出すことになり不便。先端部分は一度取り付けるとマイナスドライバーで力ずくで外さないと取れない固さ。怪我や破損の恐れあり。逆に真ん中の梯子はボロボロ落ちポージングに向かない。

余分なパーツは多いが武器用支柱は何故か1本
様々な接続パーツが付くが余分な物が多い。有線アーム、サイコミュなどを2個支えられるが、何故か細い支柱は1本しか付かず二段階の太いアームを分ける必要がある。フック型なので破損が怖くMS本体の高さ調整が出来なくなるのも痛い。余分なパーツを減らし武器用の支柱を2個欲しかった。
※ 写真手前の棒が武器用支柱
HGBC ダイバーギアのレビュー

■ レビュー
□ 撮影会
HGBD ガンダムダブルオーダイバー / GNビームサーベル
HGBD ガンダムダブルオーダイバー / GNビームサーベル

HGBD ガンダムダブルオーダイバー / GNソードⅡ
HGBD ガンダムダブルオーダイバー / GNソードⅡ

HGBD ガンダムダブルオーダイバー / 背面
HGBD ガンダムダブルオーダイバー / 背面
カメラ:CANON EOS Kiss X5
レンズ:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

□ レビュー
初心者 再現
可動 色分け
耐久性 定価 1,080 円(Amazonで調査)

色分け可動、価格文句なし
初回生産の限定価格ですが「ダブルオーガンダム 」に新規ランナーが加わり、掌は後に発売される武装用の物を加え合計8個付属。これで実売価格834円と激安です。細かく色分けされておりシールが少なく未塗装でも仕上がりが良い。クリアパーツを何箇所か使いますが、大体シールで隠してしまうのが勿体ない。ダブルオーシリーズを作ったことが無いので分かりませんか、これは後に流用のためか「トランザム」用エフェクトか?

可動は申し分なく、特に肩、腰、股関節が鉄血シリーズと比べても見劣りせず。鉄血はフレーム方式でしたので装甲が簡単に落ちてしまいポージングに不向きでしたが、欠点となりやすい肩の「スラスター」が固く可動範囲も広いので撮影が楽でした。「GNソードⅡ」は小さいながらもソードモードとライフルモードに可変可能ですが、手から落ちやすいことが難点。それと腰裏(GNビームサーベル格納部分)が緩い。

これが800円強で買えるとは凄い時代です

(制作:2018年4月8日~17日 / 記載:2018年4月17日)