RSS
掲示板
ご意見・ご感想
誤字脱字・誤情報
管理
アクセス解析
人気ページランキング
ブログパーツ

前のページ | ガンプラ初心者がモンテーロ作りに挑戦1 ガンプラはじめました。
■ 初のエナメル塗装での墨入れ
□ 極細墨入れペンで無理な箇所
足の表面バーニア
弁慶の泣き所にあるバーニアは範囲が広く「墨入れペン(極細)」では、”まだら”になってしまいました。
モンテーロ

ランドセルのバーニアのまわり
ランドセル上部にある円形バーニアのまわりに「墨入れペン(極細)」が入らず塗り残しが出来ました。
モンテーロ
翼のバーニアの縁
翼にあるバーニア内は塗れたのですが、縁に「墨入れペン(極細)」が入らず塗り残しが出来ました。
モンテーロ

□ 初のエナメル塗装を使用
そこで解説サイトにて「薄める必要が無く筆付で使いやすい」と評判の良い田宮の「スミ入れ塗料」ブラック・ダークブラウン・グレイと「X-20<溶解>大ビン」を買ってきました。
本当に薄く”ベタ部分には不向き”でした。これは線部分専用ですね。
モンテーロ

ハミ出た部分を落とす
万年皿」も買ってきましたが、10枚で88円と安いですね。「X-20<溶解>大ビン」をスポイトで吸い出し「万年皿」に移し、はみ出した箇所が少し乾いたら綿棒に「溶解剤」を少し付け取り除きました。思っていたより綺麗に取れますね。
モンテーロ

□ 完成
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
再び撮影ボックスを使用しての撮影。「グリモア」の時は黒い布を使ったが味っけが無かったので、「モンテーロ」は得意の空中戦をイメージし空の水色にしました。しかし撮影すると水色が白となってしまいシワが影となり汚く写り失敗です。布の質感を無くすために「TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD 」を使用しましたが、何度チャレンジしてもシャッターが落ちず。AFが弱く使い物になりません。そこで「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」で撮影しました。
ビーム・ジャベリン」の下から2番目のシールが剥がれてしまっていますね。修正しました。
モンテーロ

今度は右胸の墨がハミ出し黄色いバーニアを汚しているのを発見。修正しました。
モンテーロ

f2.8固定レンズなので、どうしても四隅に影が出てしまいます。次回からは黒い布に戻すことに致します。プラモの勉強と共に商品撮影の勉強にもなっています。
モンテーロ

■ レビュー
初心者 再現
可動 色分け
耐久性 定価 1,728円(Amazonで調査)

細身で脆いのが欠点
顔が5mm~10mm程度のパーツを6個組み合わせシールも1mmの部分に貼らなければならず意外と難しい。ガンダムらしくない細身のフォルムなので、パーツ強度が無く2箇所白くなってしまった。右翼が直ぐに落ちてしまい、「ビーム・ジャベリン」を持たせると右手の甲が取れてしまう。
墨入れペン(極細)」では入らない場所が数箇所あり厄介。元の青色が安っぽく玩具のように見えてしまう。(制作:2014年12月29日~2015年1月1日)